【紹介】(第1巻)魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい?

魔王の俺が奴隷エルフを嫁にしたんだが、どう愛でればいい? (HJコミックス)

1巻についての紹介です!

あらすじ

人々から恐れられている魔術師ザガンは、唯一の悪友であるバルバロスに誘われ、闇のオークションへ行くことに。

そこで見つけた美しい奴隷エルフの少女ネフィに一目ぼれをして購入するが、口下手なザガンはネフィにどう接していいかわからず……。

おすすめ度  : ★★★★☆
絵の綺麗度  : ★★★★☆
主人公最強度 : ★★★★☆
コメディ度  : ★★★☆☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

派手な魔法あり、ギャグシーンあり、シリアスシーンありの異世界漫画としてはバランスのよい作品

某サイトレビューでは最高評価

若すぎず、オジサン過ぎずのちょうどいい主人公。

内容紹介(ネタバレあり)

高評価であることは知っていたものの、中々読む気になれなかった作品です。

その理由として、題名から想像して……萌え萌え展開だとか、奴隷とハーレムウハウハとかそんな作品だと思っていたので。

正直そっち方面はもう飽きたかなぁと思っている今日この頃です。

といいつつ、読んでみると結構面白かった(あと表紙絵や挿絵がカッコイイ)のでご紹介。

始まりは、女性が襲われているシーンから。

この世界では魔術師が多く存在し、その魔術師によって体を乗っ取られた男から襲われる女性。

そんな時に、ひょいと現れたのが主人公のザガンです。

ザガンはとても強力な魔法使いらしく、自分の領地で悪事を働いていたその魔術師を一瞬で倒します。

その方法は若干グロイので割愛。

そのせいで気を失った女性の傷などを治し、転移の魔術で別の場所へと飛ばします。

あとは知らんぷりです。

ついでに登場したのが悪友というか、唯一話すことの多いバルバロス

ちゃら男みたいな立ち位置なのか、口が悪く悪党のような存在かと思います。

そんな彼から朗報として、魔王が死んだことを聞きます。

そのため、魔王の遺産と呼ばれるレアなものがオークションにかけられることに。

これにはザガンも興味があるようで、バルバロスとともにオークション会場へ向かいます。

そこで、一つ目に出品された商品から、いきなりザガンは驚きます。

というのも、その商品は透き通るような白い肌の、エルフだったのです。

この姿を見てザガンは胸がドキュン

一目ぼれで、一気に全財産を使って購入

エルフのネフィリアをザガンの城に連れて帰ることに。

ザガン自身はネフィリアを好きな女の子として、一緒にいたいだけです

しかし、彼女は奴隷ということもあり、すぐ殺されることだけを想像します。

ザガンもコミュ障なため、うまい言葉が見つからずいつも空回り。

そして、彼自信ロクな食事をしていないので、奴隷のような食生活を普段から送っていす。

そこでネフィリアのために、食事を作ろう(作るのは彼女ですが)と、街へ繰り出すことに。

その道中で盗賊と遭遇

よくある展開で、ザガンはこれを助けます。(善意ではなく、ネフィリアを怖がらせないため)

相手にも魔術師がいましたが、ザガンの敵ではありませんでした。

街でも過去に助けた人々にお礼を言われるなど、知らないところで感謝されていたザガン。

そんな彼とネフィリアの真っ当な食事のシーンで1巻は終了です。

2巻はどうやら、冒頭で助けた女性が出てくるようで、ヒロインが増えそうな予感でした!

気になる方は、是非読んでみてください♪

スポンサーリンク