【紹介】(第1巻)異世界デスゲームに転送されてつらい

異世界デスゲームに転送されてつらい (MFコミックス フラッパーシリーズ)

1巻についての紹介です!

あらすじ

「デンキ街の本屋さん」「阿波連さんははかれない」の大人気マンガ家・水あさとの新作!

異世界転送されちゃった目つきの悪いサラリーマンくん、かなりアレな死神さんに出会いました。

おすすめ度  : ★★★★★
絵の綺麗度  : ★★★☆☆
主人公最強度 : ★★★☆☆?
コメディ度  : ★★★★☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

サラリーマンは特に共感できるブラック企業ネタ

新人の辛い毎日がコメディありで描かれる。
※この手の作品が苦手な方(現仕事がブラック企業で辛い方)は読まないほうがいいかもしれません

上司である主人公の部下に対する思いやりが、とにかく心に刺さる。

内容紹介(ネタバレあり)

主人公はブラック企業で働く管理職サラリーマンの氷室

上司が仕事を押し付け、適当な指示しかしない最悪な環境ですが、氷室は少しの文句しか言わない男です。

目つきは悪いですが、好感の持てる主人公。

そんな氷室ですが、ある日口癖のように「死にたい」と言ってしまったせいで、異世界へと飛ばされてしまいます。

気づけば周囲には同じ境遇の人間が多数。

そして上空には死神が出現します。

その死神「メイ」は告げます。

「私の仕事は魂を狩ることだ

武器を手にとれ

ルールはない、なんでもありだ

最後に残った一人だけもとの世界に戻そう

口答えは許さぬ」

しかし…

ここで理屈っぽいサラリーマン氷室が質問。

「ルールはない。なんでもアリなはずなのに、なんで口ごたえしたらダメなんですか?」

矛盾に気づいてしまいました。

まさかの指摘に死神もキョトン(´・_・`) です。

とりあえず「ルールはありだ」と訂正する死神。

しかし、氷室の追及は終わりません。

怒涛の矛盾、言葉ミス、準備不足の指摘ラッシュです。

死神も謝り始める始末ですが、ここで氷室は一つ要求。

「トイレはどこなんですか?」

しょうがなくトイレにつながる空間を出現させる死神でしたが、これが致命的な判断ミスでした。

現実世界のトイレにつながっているので、そこから逃げられるのです。

みんな「ヒャッホウ」状態で逃げ出します(笑)。

ただ一人残った氷室に怒りをぶつけますが、逆に再び論破されます。

謝罪のためにマスクをとる死神。

その正体は、なんとも可愛らしい女の子の「メイちゃん」でした。

実はこのデスゲーム、死神界の仕事の一つであり、メイちゃんは新人での初仕事だったのです。

だから色々ボロが出てしまい、失敗してしまったのでした。

しかし、そのな事情など知らないのでさらに責め立てる氷室。

遂にはメイちゃん、泣き出してしまいます。

そこでようやく事情を知る氷室。

彼も心を持つサラリーマンの一人。

追及を止め、元の世界へと戻っていきました。

そして現実世界へと戻った氷室を迎えたのは、同じ会社の部下であり新人の宮下さん。

メイちゃんと重なるところがあり、仕事でミスをして氷室に謝ります。

そんな彼女に、氷室は優しい言葉で答えました。

「新人なのですからできなくて当然です」

同じサラリーマンとして、筆者は心にぐっときました。

下につくならこのように分かってくれる上司ですよね(*´ω`)。

その後、普通の生活に戻った氷室でしたが、どういうわけかことあるごとにメイちゃんのデスゲームに呼び出されてしまいます

氷室がくるとメイちゃんのゲームは失敗するので、会社の個人成績としては最下位です。

新人にはつらい状況です。

しかし、メイちゃんの上司も部下を助けてくれるいい死神なので、彼女のために頭を下げてくれます。

そんなこんなで物語は進み、悪魔や天使も登場しますがそこは説明を割愛。
※気になるかたは読んでみてください♪

1巻最後の話で、メイちゃんがなんと氷室の会社に派遣(ただの氷室のスパイですが)されてきます。

ここで忘れてはならないのが、氷室の会社はブラック企業だということ。

「今日は課長からいろいお教えてもらいますね」

そういって氷室から離れたのが間違いでした

課長の適当な指示に困惑し、仕事を押し付けられてもうボロボロです。

そんなとき――――

助けてくれた氷室。

今の彼はメイちゃんの上司です。

「部下の失敗をフォローするのは上司としての務めです」

この言葉に涙が出そうになりました。

私も同じような現場を見たことがあるので、くるものがあります。

メイちゃんの少しの勇気で終わる本作品の第一巻。

新人には間違っても↑のような上司をつけないようにしたいですね!

特に社会人の方にお勧めしたい作品です。

是非、読んでみてはいかがでしょうか!

スポンサーリンク