【紹介】(第1巻)百錬の覇王と聖約の戦乙女

百錬の覇王と聖約の戦乙女 (ホビージャパンコミックス)

1巻についての紹介です!

あらすじ

ごく普通の中学生だった周防勇斗は、ちょっとした好奇心から神社の禁忌に触れ、見たこともない世界に飛ばされてしまう。

そこは剣と力が支配する覇者の世界「ユグドラシル」。

この世界で生き延び王にまでなった優斗の、たったひとつの武器とは…!?

おすすめ度  : ★★★☆☆
絵の綺麗度  : ★★★★☆
主人公最強度 : ★★☆☆☆
コメディ度  : ★★☆☆☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

絵の綺麗さに加えて、ヒロインの可愛さが引き立っている。

原作が長く続いているため、惹きつける何かが存在すること。

内容紹介(ネタバレあり)

絶賛アニメ放映中の本作品。


アニメもさることながら、漫画も絵が綺麗なため読みやすい作品です!

戦場から急に始まり、それを指揮する主人公の優斗(ユウト)。

彼自身には何の力もありませんが、スマホによって調べた知識で戦場を操ります。

そして戦いに勝利した優斗たちの氏族(狼)は、敵の氏族(角)を妹分として傘下に置くことに。

氏族というのは、ゲームでいうところのギルド(クラン)のようなものです。

グループといってもいいかもしれません。

優斗はこの世界に来た後、スマホによって調べた知識によって成り上がり、氏族(狼)の宗主になっていました。

宗主というのは族長のようなものですね。

凝りすぎてるのか、分かりにくくなっているような気がしました。

優斗のそばには彼女のような存在のフェリアシア、前線で戦うヒロインのルーネ、そして妹分にした角の宗主リアーネがいます。

他にも可愛いヒロインが多く登場しますが、それがこの作品の見どころの一つです。

街のオッサンもヒロインの一人です(〃艸〃)ムフッ。

ストーリーについては漫画では面白さがよく伝わりませんでした。

なので★三つ。

角との戦闘が終わったのもつかの間、その角に別の氏族(蹄)が攻めてきます。

狼の中には角など見放せ、という意見がでるものの、優斗はそれを一掃。

氏族(狼)は騎馬をもって助けることに…。

1巻は助けたところで終わります。

優斗がいるこの世界は、どうやら「過去の地球のどこか」であるらしいです。

絵は綺麗で、原作が続いている、アニメ化されたなどの要素が集まっているため、今後に期待です!

スポンサーリンク