【紹介】(第1巻)異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう

異世界に来たみたいだけど如何すれば良いのだろう (バーズコミックス)

1巻についての紹介です!

あらすじ

「とりあえずこちらに敵意がない事を示さないと」手に取っていた武器は放り投げ、女の子の前で両手を上げ、跪く。

「それはこの国では求婚を意味します」

おすすめ度  : ★★★☆☆
絵の綺麗度  : ★★★☆☆
主人公最強度 : ★★☆☆☆
コメディ度  : ★★★★☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

意図せぬ求婚から始まるラブコメ

容姿、年齢そのままで異世界へと転移してしまう理不尽もの。

異世界との繋がりがIT系に関連する、情報系のサラリーマンを惹きつける内容

内容紹介(ネタバレあり)

あらすじのインパクトに惹かれて購入した一冊。

ブラック企業に勤めていた主人公の前川彰浩(マエカワアキヒロ)

疲れ切った状態で家に帰り、シャワーを浴びて寝る間もなくすぐに出勤しようとしたとき、ドアを開けるとそこは何もない空間へとつながっていました。

戻ろうにも扉はなく、「インターフェース」と名乗る天の声さんが、まくしたてるように説明したあと、気が付けば森の中に横たわっていました。

異世界へ飛ばされ、右も左も分からない彰浩でしたが、天の声に授けられた「認識」「獲得」、さらに祖父に教わっていた狩猟の知識を生かして生き延びます。

倒した敵から能力を得る「獲得」があるため、今はまだ最弱のただの現代人ですが、これから強くなっていきそうです!

そして、森の中で一人の少女に出会います。

フードを被り、眼光が鋭かったため、手練れのものかと思いましたが…思い違いでした。

普通に弱い女の子でした。

女の子をなんとか助け、敵意がないことを示すために武器を置いて膝をつき、両手を上げる彰浩…。

「どうぞよろしくお願いします!」

返ってきた言葉はこんなものでしたが、彰浩はお礼を言われると思っていたため、表紙抜けします。

実は彰浩が行ってポーズは、求婚を示すものだったことがのちに分かるのです。

ちなみに、その父親にもおんなじポーズを…。

相手の女の子の名前はリザティア(通称:リザ)

彼女は15歳であり、彰浩はそのままの年齢で転移しているため、35歳。

リザは彰浩のことを命の恩人の勇者と思っているため、かわいらしい言動をすることもあります。

そのため、父親も始めは反対しておりましたが、次第にノリノリに…。

なんとか家でお世話になるのを防ぐため、金策のために冒険者ギルドに登録して稼ぐことを誓いました。

簡単なクエストをこなしながら、次第に魔法も使えるようになっていき、成長が見られます。

彰浩がクエストで頑張っている間、リザは彰浩の人形相手になんかやっています。

…あ、この子思い込みがヤバい子だ。

異世界に転生した後、大きな出来事も起こらず、淡々と話しが進んでいきます。

今後、どんな展開があるのか、1巻では面白さが判断できない漫画でした!

今後に期待!

スポンサーリンク