【紹介】(第1巻) 農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。

農民関連のスキルばっか上げてたら何故か強くなった。 (モンスターコミックス)

1巻についての紹介です!

あらすじ

超一流の農民として生きるため、農民関連のスキルに磨きをかてきた青年アル・ウェインは、ついに最後の農民スキルレベルをもMAXにする。

しかし農民関連スキルを極めたその時から、彼の生活は農民とは別宝庫に激変していき――。

おすすめ度  : ★★★★☆
絵の綺麗度  : ★★☆☆☆
主人公最強度 : ★★★★☆
コメディ度  : ★★★★☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

異世界最強ものだが、「さらなる上の敵」が存在すること。

先が気になる衝撃のラストも惹きつけられる。

内容紹介(ネタバレあり)

農民として、土いじりを生業としている主人公のアル・ウェイン

「成長促進」の恩恵のおかげで、普通の人よりは若干強く、スキルに関しても上がりやすいという特性を持っていました。

といっても、少し強い――だけのはずでしたが、土いじりのスキルをMAXにしたことで、異変が起こります。

「土いじり」、「田畑耕作」、「伐採」のMAXになったスキル結合し、新たなスキル「自然を愛するもの」に変化します。

効果は「ステータス究極補正

スキルの効果と、名前が全く関係なさそうな感じですが、このおかげでアルのステータスが爆上がりします。

レベルそのままの最強農民の誕生です。

ドラゴンなんてニンジン投げて一発です。

街へ農作物の納品に行ったとき、たまたま拉致されそうになった王女を助けることに。

その強さから、王宮で働くように誘われますが、きっぱりと断るアル。

彼は農業で一生を終えるという固い決意があるのです。

そして逃げるように街をあとにしましたが、道中で魔物が王国を滅ぼそうとしていることを耳にします。

放っておくと自分にも影響があると思い、助けに向かうことに――。

その頃、王女は魔王の部下「ロミオ」に騙され、窮地に陥っていました。

このロミオ、主人公より主人公っぽい顔しています。

かっこいい(*‘∀‘)…。

というか、奥村〇じゃないか( ゚Д゚)

そこへギリギリ「アル」が間に合います。

攻撃を難なく防ぐ「アル」に対して、本来の姿を現す「ロミオ」。

「数値がおかしいよ( ゚Д゚)!」

の後に、ワンパンです。ハゲマントです。

この展開で今後も続いていく最強物語か…と思ってましたが、出ました。

まさかの超格上の邪龍です。

アルでも勇者とはケタ違いの強さなのに、さらに桁違いの敵です。

そんな邪龍に弟を殺されたギルド職員のヘレンと出会います。

邪龍の糧は人間の絶望

ヘレンの絶望を糧にするべく、国を滅ぼして彼女を絶望のどん底に叩き起こそうとしていました。

そんなヘレンは、自分のせいに国が滅ぶことを止めるため、自害する道を選びますが…。

そこへ颯爽とアルが登場

絶望の淵にいたヘレンに、弟の魂から聞いた言葉を告げて希望へと変える…。

そうすることによって、邪龍のステータスが下がっていきます。

そこへ、一発のアッパー

邪龍を倒してめでたしめでたし…のはずでしたが、その後まさかの出来事がっ!!

最後はぜひ、購入して読んでみてください!

続きが気になること間違いなし!

最強一辺倒の物語でなく、コメディも多い本作品

絵はあまりきれいとは言えませんが、読む分には問題ありません。

おすすめ作品です!

スポンサーリンク