【紹介】(第1巻)誰にでもできる影から助ける魔王討伐

誰にでもできる影から助ける魔王討伐 (MFC)

1巻についての紹介です!

あらすじ

者をサポートして無事魔王討伐できるのか!? これは……ビジネスだ!

ハイ・プリーストであるアレスが勇者ご一行のために、並みいる強敵を事前に退け、彼らの失敗は完全隠蔽!?

これは、聖勇者を英雄に導くまでの物語である。

おすすめ度  : ★★☆☆☆
絵の綺麗度  : ★☆☆☆☆
主人公最強度 : ★★★★☆
コメディ度  : ★★★☆☆

おすすめポイント(ネタバレなし)

異世界転生ものの、異世界側の人間からの視点

内容紹介(ネタバレあり)

魔王クラノスを討伐するために、莫大な魔力を使用して異世界から召還される勇者

そんな勇者を陰から助ける物語です。

主人公はクルセイダー序列1位のアレス・クラウン

勇者パーティーに派遣されるくらいなので、未知数ですがかなりの強さを持っているようです。

しかし、当の勇者パーティーのメンバーは勇者レベル15、メイジレベル10、剣士レベル20と弱すぎるパーティーでした。

平均レベル80以上の傭兵パーティーでようやく倒せるのが魔王なので、弱すぎる初心者パーティーということです。

しかも弱いだけでなく、子供のようなわがままが二人もいます。

勇者とメイジ。

勇者はメイジと剣士には代わりはいると言っただけでブチ切れ、仲間に殺気を放つ始末。

さらに女以外を毛嫌いしており、アレスに対しては厳しい口調だけでなく、パーティーを追放することまで…。

1巻では語られておりませんが、抽象的な顔つきと男嫌いな部分から、おそらく女性なのではと予想できます。

メイジは火属性以外の精霊とは契約したがらない駄々っ子です。

メイジだけならまだしも、物語の中心にくる勇者がこれでは、魔王討伐など夢のまた夢です。

かくして四人でパーティーを組んで、ほとんどアレスのサポートが強力なおかげで魔物を討伐していきます。

レベルを上げることが第一歩なのです。

そしてレベルを上げた彼らでしたが、勇者からの突然のパーティー追放

イライラを隠せないアレスでしたが、読者もイライラを隠せませんよ( ゚Д゚)。

誰のおかげでレベルあげられてると思っているんだ!

子ども勇者パーティーの子守りをしているような気分にさせられます。

そんな中、最後にアレス(勇者パーティーを陰から支える会)の仲間が一人増えます。

この仲間と今後どのように勇者を見守るのか…。

そんな期待を抱かせて、終わる作品でした。

全体的に絵の線が薄くて多いため、お世辞にも読みやすいとは言えません。

そこが気になってあまり物語の内容が頭に入ってきませんでした。

あまりお勧めはできませんが、今後絵が上達すると面白い作品になっていくのかもしれません。

<<終わり>>

スポンサーリンク