【紹介】(第1巻)転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~

転生したらドラゴンの卵だった~イバラのドラゴンロード~ (アース・スターコミックス)

1巻についてのレビューです!

あらすじ

ある朝目覚めたら、なぜか森の中にいて体が卵に…これが転生!?
訳もわからないまま襲ってくる怪物と戦って、レベルアップでドラゴンに進化!!
ガンガン強くなって強敵たちとバトル! だけど人間が恋しい…。
さびしがりドラゴンのエモ過ぎモンスターバトル&サバイバル、ここに開幕!

おすすめ度  : ★★★☆☆
絵の綺麗度  : ★★☆☆☆
主人公最強度 : ★★☆☆☆
コメディ度  : ★★★☆☆

転生してドラゴンの卵から始まる物語。

今人気上昇中の、人外転生ものです!

主人公は前世の記憶がなく、気が付いたら卵だった…。

というところから始まります。

かろうじて脚と目は卵から飛び出しているため、歩くことや見ることはできます。

しかし、卵というだけあって自然界では恰好の得物です。

ゲテモノモンスターに襲われて、転生そうそう死にかけてしまいます

唯一使えるスキルは「転がる」

弱小スキルですが、地形をうまく利用して、なんとか敵を倒すことができました。

そしてレベルアップ――

同時に進化先を選択することができ、ベビードラゴン(弱小)になりました。

ちょっとかわいいw

すぐに調子にのって人間パーティーに殺されそうになりますが、別の巨大ドラゴンの登場によってなんとか逃げ延びます。

そして再びレベル上げに戻り、さらなる進化で「厄病子竜」という名前からして危険の香りがするものに変化します。

この竜になった理由は、「人化の術」が使えるためだったのですが、なぜかスキル欄に存在しない…。

人となって言葉をしゃべるようになるには、まだまだ道のりは長そうです。

そんなこんなでさらに森の中でモンスターを倒していると、一匹のトカゲにかまれます。

このトカゲ、超猛毒を持っていました。

噛んだ瞬間に猛ダッシュで逃げるトカゲ。

解毒のために「転がる」で追いかける主人公。

トカゲも「転がる」を解放してさらに逃げる。

……( ゚Д゚)

とてもシュールな光景です。

結局捉えることができず、毒の前に倒れ……たはずだったのですが、目を覚ますとトカゲが隣で寝ていました。

ヒロイン候補(笑)だそうなので、今後仲間として登場しそうです。

表紙の人間の女の子は、正ヒロインのようですが、1巻ではあまり登場しないので今後関わるのが楽しみな子ですね。

人外ものの転生物語、気になった方は読んでみてください!

スポンサーリンク