【紹介】(第1巻)転生したら剣でした

転生したら剣でした (バーズコミックス)

1巻についてのレビューです!

あらすじ~

「名無し」の奴隷、黒猫族の少女。呪詛の首輪の強制力により、逃げ出す事も叶わず虐げられ、売り飛ばされるのをただ待っている日々──。
そんなある日、少女が目にしたものとは…!?

おすすめ度  : ★★★★☆
絵の綺麗度  : ★★★☆☆
主人公最強度 : ★★★★☆
コメディ度  : ★★★☆☆

まさかの武器に転生してしまう本作品の紹介です!

転生ものと言えば、下記のような分類になるのではないでしょうか。

<王道>
勇者、賢者に転生

<変わり種>
スライム、蜘蛛、ゴブリンなどのモンスターに転生

<奇抜>
剣、温泉など自己をもたないものに転生

転生ものも他と区別されるために、多種多様になってきてますね。

そんな中でも、今回は「」である「」です。

かろうじて冒険のニオイはしますが、盛り上がる気がしない…。

こんな理由で読むことを避けていましたが、読んでみると面白かったです!

剣…普通にしゃべれるし、自由に動けます。

そんな剣に転生した主人公は、魔剣の類なのかモンスターを倒して魔石を吸収することができます。

そして自分自身がレベルアップし、魔法やスキルも使えるそこそこ強い剣になりました。

しかし、とある理由から地面に刺さったまま動けなくなることに…。

そこへヒロインのけもみみ娘「フラン」

奴隷少女だった彼女と偶然出会い、所有者になったフランは剣のスキルや魔法を使うことができます。

ついでに主人公の剣自体もそれらを使えるので、二人分の強さです。

一気に超強いヒロインに成長してしまいました。

そしてひとまず街へと行き、生活をしていくために冒険者になって金を稼ぐことに…。

試験管はかなりの強さでしたが、二人の強さで瞬殺です。

怪しまれたためギルドマスターに尋問されますが、なんとか乗り切って冒険者登録をしました。

素行の悪い冒険者にも絡まれますが、そこも瞬殺です。

レベル1が聖剣を手に入れたという、どこかでみたような物語に似ていますね

2巻では主人公の正体がばれて一波乱ありそうです!

タイトルに惑わされず、一度手に取ることをおすすめします!!

スポンサーリンク