【レビュー】(第1~4巻)物語の中の人

  • 物語の中の人 (アルファポリスCOMICS)

1~4巻についてのレビューです!

あらすじ~

二百年の引きこもり生活に終止符を打ち、外界に出た伝説の魔法使い・リヒード。偶然命を救った貴族の娘・ミケーネから、魔法学校の存在を聞きつけると、新たな魔法を覚えるため、子供の姿に変身してまで入学を試みる…! 魔力も性格も規格外の魔法使いが、世界に波乱を巻き起こす、痛快マジカルファンタジー開幕!!

おすすめ度  : ★★☆☆☆
絵の綺麗度  : ★★★☆☆
主人公最強度 : ★★★★★
コメディ度  : ★★☆☆☆

一気にまとめ読みしたので、1~4巻のまとめレビューです!

引きこもっていた主人公リヒードが、二百年の時を経て外界へと旅立つところから始まります。

とある理由で魔法使いに追われていた領主のお嬢様、ミケーネを助けることに。

ミケーネから二百年間の外界の歴史を聞いたリヒードですが、彼は物語上の伝説として語り継がれていました。

ついでに魔法の継承が一度途絶えた歴史も、リヒードが世界中の魔法書を買い占めたせいでした。

そのためリヒードが知っている魔法はすでに過去のものとなり、現代では別の魔法が主流になっています。

好奇心からその魔法を知りたいがために、魔法で若返って魔法学校へ通うことに。

ここから学校生活が始まり、メインの舞台として描かれていきます。

リヒードは世界最強の魔法使いであり、その強さは精霊王竜王魔王勇者妖精天使などあらゆるものを凌駕します。

人間じゃないです。もう神です。

そのため、戦闘はメインではなく、学園生活が主に描かれます。

戦闘しても一瞬で勝ってしまいますからね。

それも大技などカッコイイものは無く、軽い魔法で終わります。

大きな展開や事件はないものの、常に無邪気で前向きな主人公、可愛い大勢のヒロインが見どころです!

スポンサーリンク