【レビュー】(第2巻)失格紋の最強賢者【おすすめ】

失格紋の最強賢者 ~世界最強の賢者が更に強くなるために転生しました~(ガンガンコミックスUP!)

2巻についてのレビューです!

あらすじ~

かつて【賢者】と呼ばれたマティアスは、さらなる力を求めて未来へ転生する。少年に転生し手に入れた念願の『魔法戦闘に最適な紋章』。しかし、なぜか魔法理論が退化してしまった未来では、その紋章は「失格紋」と呼ばれ蔑まれていた…。12歳になったマティアスは、王立第二学園に特待生で合格。同級生の少女・ルリイやアルマと学園生活を始める!

おすすめ度  : ★★★★★
絵の綺麗度  : ★★★★☆
主人公最強度 : ★★★★★
コメディ度  : ★★★☆☆

前回の記事に引き続き、「失格紋の最強賢者」2巻を読んでみました!

3巻が6月中旬に発売されるため、すごく待ち遠しい本作品です!

1巻は魔法学校に合格したところで終了したので、2巻は特待生となった主人公マティアスの学園生活がメインの話です。

無事合格した転生者マティアスでしたが、紋章の認識が変えられた世界では彼の魔術、知識ともに異常なものとみなされます。

入学早々、校長先生に呼び出されて多くの教官に見守られる中、未解決問題を解かされます

しかしこの問題も前世では簡単な問題とされており、マティアスはすぐに解くことに。

そこでマティアスの能力が再認識され、校長直々に一つのお願いをされます。

『第一学園との対抗戦で勝ってほしい』

条件つきということでマティアスは了承し、ここから第二学園の魔術強化が始まりです!

学園ものって感じでワクワクしますね(*’▽’)!

まずは無詠唱魔法授業の導入、そしてダンジョン探索、武器作成とRPGの王道のような展開に。

素材集めて武器作成は大物と叩く準備という感じがして、ゲーマー心をくすぐられます

対抗戦に出場できるのは代表者三名ということなので、ヒロイン二人とマティアスが出場することに。

学校規模のイベントなのに三人って…( ゚Д゚)

プレッシャーどころじゃないよ(笑)

子どもに何させてんだ( ;∀;)

そして始まった対抗戦…

ですが、対戦相手の一人に魔族が混じっていました。

魔族はとんでもない魔力量を持ちながら、前世では人間の敵ではありませんでしたが、現世に限っては魔族のほうが格段に上です。

開始早々にマティアスの鍛えたヒロイン二人が、それぞれ相手を一人ずつ倒し、そのまま退場することによってマティアス VS 魔族の闘いになります。

マティアスと言えど、まだ12歳であるため魔力量では魔族に劣ります。

しかし、そこは魔術でカバー。

子どものように魔族をあしらい、瞬殺(*´ω`)

魔族が現れただけでも観客は混乱しますが、それを討伐したとなるともう国家レベルの異常事態です。

国王に褒美をいただき、魔族討伐を一任されるマティアス。

2巻はここまでとなりますが、今後さらに成長したマティアスと魔族軍との戦いが始まるとなると、とても楽しみにですね!!

1巻に引き続き絵は申し分なし、ヒロインもさらに可愛く、マティアスのカッコイイ姿が見れるのでお勧めです!!

スポンサーリンク