【レビュー】(第2巻)「駆除人」

駆除人(角川コミックス・エース)2巻についてのレビューです!

※本記事は若干のネタバレを含みます。

あらすじ~

異世界の旅を始めたナオキは、駆除の依頼先で奴隷メイドのテルと出会う。長くメイドとしてしか生きたことのない彼女の人生は、この出会いを機に輝き始め…? ツナギを着た転生者が贈る、ちょっと粋な異世界人情譚。

おすすめ度  : ★★★★☆
絵の綺麗度  : ★★★☆☆
主人公最強度 : ★★★★★
コメディ度  : ★★★☆☆

前回に引き続き、今回は駆除人2巻のレビューです!!

初っ端からゴキブリ退治です。

もううじゃうじゃ出てきます。

耐性の無い方はちょっと辛いかもしれませんね。

そもそもこの漫画は害虫駆除がメインになってくるので、虫もたくさん出てきます

そこまで気持ちの悪い表現ではないので、まあ身構えるほどではありませんが。

そしてそのゴキブリ退治のお礼として、屋敷で働いていた奴隷のテルを引き取ることに…。

このテルという女性、49歳のババアです。

え……まさかのヒロイン候補なの?

嘘だよね?

絶対やだよ( ゚Д゚)?

安心してください。この巻で消えます。

あ、死ぬというわけではありません。他の爺さんにプロポーズされたので、その町に置いていきます。

バイバイ。

いや、すごいいい人なんですけどね。

そしてまた女騎士との二人旅になったところで、新たなヒロイン候補が登場します。

魔物学者『ベルサ』です。可愛い少年みたいな女性です。

研究費用や魔物のサンプルを提供するということで、関わるようになったコムロ。

しかし、関わるようになってからすぐにベルサが攫われ、住んでいた研究所も放火されます。

彼女を救うべく、コムロは犯人の館に立ち向かうのですが……。

もちろん敵瞬殺です。

コムロさん害虫駆除ではなく、人類駆除も得意です。

そんなこんなで全てを失ったベルサをおともに、さらに旅は続く2巻でした!!

スポンサーリンク